ほうれい線があると老けて見えます~効果的な施術で肌にハリを保つ~

ヒアルロン酸とボトックス

注射

簡単に若返り

注射だけでしわやたるみ、ほうれい線を消す美容整形には、ヒアルロン酸注入法やボトックス注射などがあります。ヒアルロン酸注入法は、ほうれい線の修正に使われているプチ整形です。ほうれい線の深い溝にヒアルロン酸を入れると、内側からふくらみが出るので、溝を埋めることができます。ヒアルロン酸は体内に存在する物質なので、アレルギーや拒絶反応などがなく、事前検査不要でカウンセリング当日でも施術が受けられます。プチ整形として有名ですが、もともと関節治療のために長い間医療現場で用いられているので、安全性は保証されています。ほうれい線の場合、料金は6万円〜15万円ほどが相場です。注射をするときに痛みが心配な場合は麻酔クリームなどを塗ってもらうこともできます。目じり・口もとなどに出来る細かいしわには、ボトックス注射が最適です。ボトックス注射もヒアルロン酸注入法と同じように若返りのプチ整形のひとつです。ボトックスの成分は、ボツリヌス毒素です。ボツリヌス毒素には、表情筋の働きを抑えてしわをできなくする作用があります。もともと斜視の治療のために眼科で用いられていたのが、2000年代になってから美容外科でも採用されるようになりました。ボトックス注射の中には麻酔液も入っているので痛みはほとんどなく、数分の施術で終わります。しわなどが気になる部分に注射をするだけなのでダウンタイムがなく、すぐにメイクや洗顔ができます。ボトックス注射はしわ一本あたり1万円以下でもできるので、お財布にも優しいプチ整形です。

施術の注意点

ヒアルロン酸注入法は、使用するヒアルロン酸注の種類によって効果や持続力が異なります。ほうれい線にはほうれい線用のヒアルロン酸があります。基本的に分子量が小さいものほど柔らく、体内への吸収が早くなります。逆に分子量が大きいものほど固くなり、体内への吸収が遅くなる特徴があります。いずれにしても品質が悪いヒアルロン酸だと効果がすぐになくなってしまったり、しこりや凸凹になって残ったりすることがあるので注意が必要です。ボトックス注射の場合、施術をしたあとすぐに患部をいじると、注入したボトックスが移動してしまうことがあります。注入した部分の強いマッサージは控えることが大切です。また、体を横にするのも、しばらくは控えたほうが無難です。ボトックス注射の効果は短くて3か月ぐらい、長くても半年ぐらいです。効果を持たせたい場合は、3か月おきに注入を繰り返すのがベストです。何回か繰り返すうちに、1年、2年と長持ちするようになります。注射系のプチ整形のダウンタイムやリスクには、注射痕、腫れ、内出血などがあります。腕がいい医師がするとそのようなリスクはありませんが、稀に毛細血管に針が触れてしまうと内出血跡がしばらく残る場合もあります。しかし、もしも内出血が出てしまった場合でも、コンシーラーなどでカバーできます。普通は一週間もすればきれいになくなります。まったく腫れや内出血跡を出したくないなら、経験が豊富で腕がいい医師がいるクリニックを選ぶことをお勧めします。