ほうれい線があると老けて見えます~効果的な施術で肌にハリを保つ~

アンチエイジングの代表

鏡を見る女の人

ほうれい線の整形をする上で、短時間で1番即効性が期待出来るのがヒアルロン酸注射です。顔全体を見た時にたるみが出ている場合は照射系のマシンを当てることもおすすめです。照射系マシンで改善できなかったほうれい線を、ヒアルロン酸注射でうめるという2段階治療が1番おすすめです。

More Detail

ヒアルロン酸とボトックス

注射

ほうれい線やしわなどを注射だけで消せるプチ整形が、ヒアルロン酸注入法やボトックス注射です。ヒアルロン酸注入法はほうれい線消しに、ボトックス注射は小じわ消しにお勧めです。注射だけなのでカウンセリングしたその日のうちに出来ます。

More Detail

注入する素材は多様にある

美容整形

ヒアルロン酸や脂肪細胞

ほうれい線の整形施術には、表情筋のしわに使われるボトックス製剤を注射するよりも、ヒアルロン酸などのフィラーを注入する方がより効果的です。ほうれい線のような深さのあるタイプのしわには、そこへフィラーを充填することでしわを埋めることができるからです。ほうれい線に注入するフィラーにはいろいろな種類のものがあります。ヒアルロン酸はその中ではオーソドックスなタイプになりつつあります。しかしヒアルロン酸が安全性の高いフィラーであることは変わらないので、さらに改良が進みアレルギー体質の人でも安全に使えるというタイプのヒアルロン酸が開発されています。ほうれい線を整形施術で改善するためのフィラーとして、自己脂肪細胞も人気が高まってきているフィラーです。自分の脂肪細胞ということで、多くの女性が抵抗なく受け入れられるフィラーであるといえます。また、医学的な見地からみても、自己の脂肪細胞なのでアレルギーや拒絶反応のリスクがなく大変優れたものだといわれています。自己脂肪細胞をほうれい線の整形用のフィラーとして使う場合は、その脂肪からいかに不純物をより多く取り除くことができるかということが重要になります。脂肪細胞には、血液や抽出時に死んでしまった細胞などが混ざっているためです。高性能の遠心分離器を使えばこうした不純物を最大限に取り除くことができるので、そうした遠心分離器を導入してほうれい線の整形施術をはじめ豊胸などに活用する美容クリニックが増えてきています。

新しい素材も登場

自己脂肪細胞を利用してほうれい線の整形治療を行うときは、自分の体から一定量以上の脂肪細胞を抽出する必要があります。このため、スレンダーな体型の女性の場合にはこの施術法が向いていないこともあります。というのは、体から抽出した脂肪細胞を遠心分離器にかけて不純物を取り除くなどの処理を行うと、処理が終わった後に残った使用可能な良質の脂肪細胞は元の量からすると驚くほど少ない量にまで減ってしまうためです。ほうれい線だけに脂肪細胞を注入するならそれでも間に合うことが多いのですが、せっかく抽出した脂肪細胞だから豊胸にも利用したいと希望する患者も多いのです。豊胸に使うとなるとほうれい線とは比較にならないほど大量の脂肪細胞を抽出する必要が出てきます。それにはある程度ふっくらとした体型の女性の方が向いているのです。自己脂肪細胞を利用するほうれい線の整形治療にはこうした事情もあり、さらには脂肪吸引施術までは受けなくてよいものなら受けたくないという女性も少なくないので、ヒアルロン酸でも自己脂肪細胞でもない第三のフィラーを使うほうれい線の整形術も現れてきています。それはアクアミドやアクアジェルというような新しいタイプのフィラーを注入するという整形法です。こうした新たなフィラーの素材は人間の天然の脂肪と比べても遜色のない触感を持っています。また、有機物でないため変質の心配がないというメリットもあります。化学的には安定した物質なのでほうれい線に注入しても問題ないといわれています。

加齢による悩みの解決

注射

ほうれい線は加齢にともなってできてしまうものですが、美容整形で即効性の高い注射による治療があることが人気になっています。生体内の物質を利用するため安心して治療を受けられます。クリニック選びも慎重に行ないながら悩みの解消に努めましょう。

More Detail